ラインアイコン

伊藤 潤

「幸せな受験に繋がる、10歳までの過ごし方〜子どもの準備編〜」

こちらの動画は、開始より05分00秒間どなたでもご視聴いただけます。

アイコン 花まる学習会 +

3/6(金)、「幸せな受験に繋がる、10歳までの過ごし方〜子どもの準備編〜」と題して、スクールFC教務部副部長 伊藤 潤による講演会を開催致しました。

まず、伊藤は中学受験について、「中学受験に正解はない。だからこそ、受験に向く・向かないよりも、なぜわが子を受験させたいのか、という親の決断が大切」と語ります。そして、周囲にある情報に左右されるのではなく、「まずは親御さんご自身が、子どもをよく観察して受験をするのかしないのかを決断し、その上で塾に通ってみる。そして中学受験まで塾通いを継続するのかは、子どもの判断を大事にしてほしい」と訴えました。

その上で、10歳までに育てたい、「勉強より大切な力」をテーマに解説しました。まず伊藤が挙げたのは、「習慣の力」。「朝学習」や「毎日机に向かうこと」という習慣は、中学受験の最大の壁である勉強量に向けて必要不可欠であるとともに、中学生活、そして社会に出てからも活きてくるといいます。また、同様に「没頭した体験の総量」も大切と説明。「自分自身も常に難しいと思いながら関わっているが、できるだけ好きなものを邪魔しないことを大事にしてほしい」と語りました。

そして、最後に思考力の土台になる「基盤力」について説明。その基盤力は、「読み・書き・そろばん」であると語ります。伊藤は受験生の実例を挙げながら、家族で書店や図書館に行く、高学年に読み聞かせをするなどのことで言葉の力を養うことや、機械的に計算するのではなく、工夫して計算する力を養う問題を解くことが大切である、と語りました。
中学受験をめぐる複雑な状況や悩みについて、ひとつひとつ丁寧に深く聞くことができた、今回の講演会。伊藤の幅広く丁寧な解説に、オンラインでは様々な質問が寄せられ、とても学びの深い会となりました。

登壇者プロフィール
=========================
伊藤 潤(いとう じゅん)
花まるグループ スクールFCスクールFC教務部副部長
開成中・麻布中などの最難関ゼミの算数を担当。御三家をはじめとする難関校に多数の教え子を輩出。一方で、中学受験を始める段階での差を少しでもなくすために、花まる学習会の教室長として幼児期の教育現場にも立ち、年中から中3生までの指導に関わっている。中受への問題意識から「週2日の通塾、夕ご飯をお家で食べて志望校に合格する」をコンセプトとした、新しい中学受験塾シグマTECHを2019年度より開校し、その代表を務めている。


伊藤 潤氏
伊藤 潤氏
伊藤潤氏
伊藤 潤
伊藤 潤
伊藤潤

ロゴ2

子育て・教育の
プロフェッショナルから学ぶ
動画によるライブメッセージ

LINEの友達追加をしていただきますと
無料の新着動画や講演会情報をお届けします

ラインバナー